メタボリック症候群健診についての無料情報サイト。

メタボリック症候群健診とは

こんにちは、「メタボリック症候群健診ナビ」です。

メタボリック症候群健診、という言葉に聞き覚えはおありでしょうか?

メタボリック症候群健診とは、2008年4月から実施される特定健康診査及び特定保険指導の事です。

おもにメタボリック症候群や生活習慣病といった、さほど前向きに治療しようとしない病気に対して健診を行い、回復する為の指導を行うというもんです。

 

メタボリック症候群健診は、国民健康保険を運営する市区町村、企業の健康保険組合などといったところで採用が義務付けられており、40歳〜74歳の健康保険加入者は必ず受ける必須があります。

 

検査項目は腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値で、これらそれぞれに設けられた基準値を上回った場合に指導が与えられます。

 

つまり、メタボリック症候群健診とはこれまでの健康診断を更に一歩踏み込んだ形の健診ということです。

 

ここ十数年の日本は、食事の欧米化や運動不足の若者が目に見えて増えて来ており、肥満体質、あるいは隠れ肥満の人が劇的に増えてきました。

肥満は健康とは対極にある状態であり、生活習慣病の元になるといわれています。

それを軽度の状態で発見し、予防もしくは治療するために、このような健診を義務化するという事です。

 

ところが、体型は個性であり、人それぞれなのだから、それに国が口を出すのはおかしいという人も少なくないようです。

実際、それはその通りだと思われます。

生活習慣病対策とはいえ、個人の体型に関して国が管理するかのような状況は、まるで国民をロボットかなにかのように扱っているんじゃないかという意見もあり、それも一理あるかと思われます。

 

とはいえ、誰かから注意されなければ、いつまで経っても体質回復を行えない人が多いのも事実なためす。

ある意味憎まれ役を国が買って出たようなもんです。

 

メタボリック症候群健診とは、さまざまな人達にとって健康とは何か、体型とは何か、管理とは何かを問いかけるものなのと思います。